製品案内
  那須電機鉄工株式会社の取り扱う製品をご案内いたします

表面処理

▼表面処理

現在、当社では鉄構造物の防錆として最も一般的な溶融亜鉛めっき及び塗装を中心とした様々な表面処理を行っております。さらに強塩害地区の腐食対策に適した高耐食性溶融亜鉛-アルミ合金めっきを実用化いたしました。
自社製品の加工だけでなく、表面処理のみの加工及び塗料の販売等も行っておりますので、ここにその一端をご紹介させて頂きます。


溶融亜鉛めっき

溶融亜鉛めっきはその表面に形成される薄い緻密な保護被膜と亜鉛特有の電気化学的防食作用によって大気中、淡水中、海水中、土壌中などの様々な使用環境のもとで防食性がすぐれています。

鉄の防錆処理としては、最も効果的かつ経済的な方法として、世界各地で鋼管、大型構造物、電力通信関係、土木建築関係、鉄道運輸関係、船舶関係などに広く利用されていおります。

当社では、八千代、砂町の2工場にめっき設備を有し、超大型送電用鉄塔材からボルトナットに至る様々な製品の加工をおこなっております。

詳細情報を開く


低光沢処理

溶融亜鉛めっきされたばかりの鋼材は、非常に光沢のある銀色の表面をしています。しかし、その光沢は周辺状況によって周囲の景観と馴染まないこともあります。このような場合は新設時に溶融亜鉛めっき表面をリン酸亜鉛処理することにより、鋼材表面を緻密な結晶を形成し、この結晶の乱反射によって光沢を低下することができます。このリン酸亜鉛処理によって光沢を低下させる方法が低光沢処理です。

当社では用途や周辺状況に応じて二種類の色合いの低光沢処理を行っております。

詳細情報を開く


タフZ10(高耐食性溶融亜鉛-7%アルミ合金めっき)

― 特長 ―

  • 塩害地域・重工業地域・温泉害地域で優れた耐食性を発揮します。
  • 密着性と曲げ加工性に優れためっき皮膜です。
  • 溶融亜鉛めっきと同等の塗装密着性を有しています。
  • 低温でめっきを行うので、熱歪みによる製品変形を抑えます。

詳細情報を開く


亜鉛めっき製品のリサイクル事業

中古の亜鉛めっき製品の表面めっきを剥離した後、再めっきを行います。
めっき剥離に使用した廃液も産業廃棄物とはせず、電気分解して再利用するという環境にやさしいシステムを採用しています。

詳細情報を開く

ロゴマーク 那須電機鉄工株式会社
那須電機鉄工株式会社 本社連絡先
東京都新宿区新宿1-1-14(山田ビル)
TEL 03(3351)6131
FAX 03(3354)4794・5144


Copyright(C) NASU DENKI−TEKKO CO., LTD. All rights reserved.

このページの先頭へ

 


那須電機鉄工株式会社
HOME


お知らせ

お問合せ

サイトマップ

google




Googleのサイト内検索機能を
使用しております。